観光販売システムズ

旅行商品の開発サポートする。観光開発をマネージメントする。

  • お問い合わせ電話番号:052-589-0200
  • お問い合わせメールアドレス:info@kanko-pro.co.jp

  • ホーム
  • 重要な3つのキーワード
  • 事業内容
  • 着地型観光の問題点
  • 組織概要
  • プレスリリース
ホーム > 重要な3つのキーワード

重要な3つのキーワード

観光誘客成功を収める為の3つの条件

旅行商品化発地こころ流通と動線

その(1)観光素材と旅行商品は違います!

皆さんは「観光素材」と「観光商品」の違いは何だと思いますか?
 「観光素材」は地元での見解・見立て、「旅行商品」は消費者意思に深く関わるもの。
 「観光素材」と「観光商品」は全く違う位置に存在するものです。
 皆さんは同じものだと習慣的に思っていませんか?

旅行商品化発地こころ流通と動線

その(2)「発地こころ」と「動線」が大切!

エンドユーザー(発地)の消費環境を研究しよう!
先に述べたように 【PR・告知方法の研究】 【参加旅行代金の研究】 【旅行者の動線とタイトの研究】を考えなくてはいけません。
お客様がいかに情報として取り入れ、旅行先の選択の一つとしてこの街を取り上げるか?・・・上記の3つの課題は絶対に理解しなくてはいけないミッションです。もちろん理解しクリアできれば大きな前進となります。 

【PR・告知方法の研究】 ・・・ 「知らなければ『この街』には来ない!」

【参加旅行代金の研究】・・・「予算オーバーならば『この街』には来ない!

【旅行者の動線とタイトの研究】・・・「予約が取れなければ「この街」に来れない!」

旅行商品化発地こころ流通と動線

その(3)「流通」の研究

旅行商品流通をさせている組織 → 旅行会社
旅行会社のことを研究しよう!
 旅行会社にやっては(言っては)いけない3つのこと。 

旅行会社企画造成担当者の現状

解決方法

3つのキーワードを解決させ、地に足の付いた戦略的誘客活動を実効するためのシステムを観光販売システムズは持っています。

これが観光販売システムズの力であり、価値です。

  1. 現役である旅行会社のメンバーの知恵の結集です。
  2. キーになる旅行会社の選択は確かです。
  3. すべて旅行会社の企画のキーマンとの話です。
  4. 旅行会社が本当に欲しい旅行商品を目指します。
  5. 旅行商品の制作のリミット(時間)を確実に把握しています。
  6. 大手を中心に多数の旅行会社が参加する幅広い活動です。
  7. 実際に旅行会社側も「使える旅行商品」を望んでいます。
  8. 一過性な旅行商品ではなく半永久的な旅行商品の開発が基本です。

観光販売システムズができること

  • 発地を意識した旅行商品化
  • 的確なタイミングと効果的なセールスによる旅行会社を活用した発信
  • 観光素材を旅行商品し、流通させる為のマネジメント
  • 動線を見極めた上での観光誘客戦略の立案
  • 観光誘客のための人材育成プログラム

観光販売システムズの活動はすべて人材→素材→商品→流通→集客の流れを基本に戦略展開をします。

>>詳しくは事業内容をご覧下さい

ページトップへ戻る